みなさんこんにちは。I.S.留学センター河合です。
さて、I.S.留学センターが最も力を入れているオリジナルの留学プログラム。

その名も・・・

カナダ体験型留学プログラムについて今日はお話をしたいと思います。

過去にバンクーバーでは2度実施され、どちらも私河合がバンクーバーに行って参加してまいりました。

結論から申しますと・・・

非常に充実した濃い内容になりました!!!
カナダプログラム

ネイティブと話す機会が無い短期留学話す機会がある短期留学

普通に1ヶ月間、語学学校にかよって、ネイティブと話す機会はありません。

これは事実です。

留学をしたからと言って、現地の人たちと話す機会があるか ⇒ NO!!

短期留学の場合はほとんどないと言っていいでしょう。せいぜい道を聞く(カナダの場合は聞かれることもあります!!)か、店員さんや駅員さん、空港のチェックインとイミグレだけで、旅行英会話と言われるものだけです。

これってもったいなくないですか??

やっぱり、英語を学びに、文化を学びにバンクーバーに行くなら、バンクーバーの人たちといろんな話をして、現地の事を知ったり、英語を使わないと!!
それが私が全ての日本の留学エージェントが提供する短期留学に抱いていた大きな疑問でした。

ですので、このように、現地の事を知ったり、現地の人と話したりするプログラムが理想!!
と考え、普段はカナダの市民の一員として働いている日本人の方や、現地で生活をしている人たちとの交流の機会を設けたプログラムを「I.S.留学センターオリジナル」で企画しました。
バンクーバープログラム

同じ、カナダに1ヶ月留学をするなら、絶対に中身は濃い方が良い。
それがこのプログラムに込められた私たちの思いです。
しかも語学留学と費用の差はありません。

河合が感じた参加した方の様子
参加した方の声は体験談を読んで頂ければと思います
カナダ体験型留学プログラム体験談ブログ

・充実が窺える表情
出発前から日本でお話をしていた方々でしたので、現地で再会した時はとにかく驚きました。

皆さん表情がとにかくイキイキとしている!!
表情も明るく、忙しい中でも充実している様子で、私のことはあまりかまってくれませんでした!!笑

なぜあんなにも充実していたのか??

それはたぶん知らない世界を見て、ワクワクしていたのと同時に、自分にも無限の可能性があるということに気づき、充実していたのではないかと思います。
※参加者の声を聞いて私なりに推測した結果です

・困難に直面した時に前に出た参加者たち
オフィスでのインターンでは、学校情報をまとめるという業務を行いました。
留学エージェントとしては、当然のルーティンで、非常に重要な業務なのですが、それを参加者が自ら学校に電話をして情報を収集していました。
電話で英語を話すのは、対面で話すのとは勝手が違って、表情やボディーランゲージという武器が使えません。正確なリスニング力と、会話力が必要になりますので、最初に誰が電話をするか話合い、消極的な場面もありましたが、いざ始まると、皆さん真剣に学校のカリキュラムや施設、費用などについてヒアリングをしていました。

どんなコンテンツがあるか
【1】社会人インタビュー
バンクバーで活躍している日本人の方に1人当たり2~3時間インタビューする時間を設けています。
これが実は過去2回で最も評価が高く、かつ、効果のあったコンテンツとなりました。

なぜインタビューに高い満足度があったか・・・

一番は、自分の可能性を感じられたからだと思います。
日本でいろんな苦労や努力をして、さらに、バンクーバーに来てからもいろんな苦労や努力を乗り越えた方々にインタビューをして、世界で活躍している人たちの昔と、今の自分を重ねることができました。
これによって、世界を舞台に活躍するということが、夢や憧れではなく、現実的な目標として、くっきりと目の前に現れたのだと思います。

実際に30歳を過ぎた私でも、20代の方で世界で活躍されている方々のお話をきいて、勉強させて頂くことが本当に多かったです。
社会人インタビュー

【2】語学学校通学(調査も含める)
最初の1週間は語学学校に通って頂きます。(料金は含まれています)
学校では、日本人のほとんどいない学校に通うことで、たくさんの国の異なった年齢の方達といろんなお話をする機会があります。
移民を目指す方も非常に多く、日本人との意識の違いや文化の違いを体感することができ、こちらも留学の醍醐味が詰め込まれた時間となりました。
VGC

【3】ボランティア
the Salvation Armyという非営利団体(日本では救世主軍と言われています)で、フードバンクのボランティアをします。
現地のネイティブの方達とたくさんコミュニケーションを取れる機会を設けることと、社会貢献を通して、自分のやりたい事を考えたり、世界の社会問題を考えたりする時間を設けるためです。このように、ただただ語学学校に通うだけの留学ではなく、語学学校も通って、その土地ならではのいろんなことを体験し、学べるというのもこのプログラムの素晴らしいところだと思います。
ボランティア

興味のある方には是非、サイトの特設ページプログラム体験談を読んで頂きたいです。
また、詳細が記載された資料もご用意しております。

資料請求のフォームから是非ご連絡ください。
皆様からのお問合せ、お待ちしております!!
カナダインターンバナー


Post Navigation