みなさん、こんにちは!

本日は、アメリカ大学留学を行っているIさんのお話(第1弾)です★

Iさんは、高校卒業後、ウエストバージニア州のサマースクール→アリゾナ州の短大→そして現在ミズーリ州の大学に通っています。

実は、スポーツ留学のIさん。大学ではバスケットボール部に所属しています。
ですがもちろん、バスケットボールだけではなく、大学ではPhysical Educationを専攻にしていて、スポーツだけでなく勉学にも励み、文武両道で頑張っています。

そんなIさん、渡米して数年経ちますが、アメリカ以外の国から来る留学生は、日本のアニメを観たことがあったり実際に観ていることがけっこうあるらしく、そういったアニメの話で盛り上がったりすることがあるそうです。

アニメはもちろん音楽や日本の四季、日本の伝統的なものを含め、日本の文化や日本のものって、海外の方に意外と人気があったりしますよね。

日本にいると気付かないようなことや日本の良さも海外に出てみると、たくさん気付くことがあるのかもしれないです。
日本の世界からの見方を感じることができるのも、留学の醍醐味の一つかもしれません(*^^*)

バスケットボールの試合

~Iさんの留学先でのある1日の過ごし方~

8:30   起床
9:00   授業
10:00   体育館へ向かい、バスケットボールの自主練習
12:00   授業
13:00   お昼ごはん

→食べ終わったら部屋でゆっくり♪

15:00   バスケットボールの練習
17:00   夜ごはん
17:00以降 勉強をしたり、宿題をしたり、ジムに行ったり、

部屋でゆっくり・・・のどれか☆

これがアメリカで学生生活を送っている、Iさんのある1日です!

「授業9時からなのに起床時間ゆっくりだなあ」と思われる方もいるかと思いますがIさん、朝はできるだけ長く寝ていたいそうです。(笑)

ホームステイや寮やルームシェアなどの滞在方法があります。その中で、Iさんは、寮生活(1人部屋)を送っています。

敷地内に学生寮がある大学もたくさんありますが、授業の合間に帰ったり、朝もゆっくり寝たり、便利なこともたくさんあります。

Iさんの1日の流れを見ると、前回お伝えしたようにバスケットボールと学校、まさに文武両道されているということが垣間見れると思います♪

目標を持ってなにかに打ち込める留学って本当に素敵ですね。

十人十色という言葉があるように、食べ物の好き嫌いを始め価値観などが、ひとりひとり違うのと同じで、留学の目的や将来の夢によってひとりひとり違う生活スタイルがあると思います。

「自分だったら、どんな1日を送るのかなあ」と考えてみると、意外と楽しくて現実にだってなるかもしれません*^^*

アメリカ大学留学体験記:写真


Post Navigation