留学体験談Sydney College of English / SCE / Case 2:オーストラリア / シドニー

佐藤 優江さんの留学体験談

留学体験談: /  /  オーストラリア
エリア シドニー
学校名 Sydney College of English / SCE / Case 2
プログラム ESL
語学学習コース General English
留学の目的 短期留学 留学期間 4週間 滞在方法 学校寮
名前 佐藤 優江 性別 女性 年齢 21-22歳

留学相談留学カウンセラーがお応えします!何でもご相談ください

オーストラリア / シドニーの留学体験談

留学体験談:イメージ

①留学を決めたきっかけは何ですか?
今回の留学は実は二回目でして、まず最初に留学を決めたきっかけはアルバイト先です。私は大学二年生まで留学には興味はなくむしろ海外で長期間過ごすとに恐怖を抱いていたくらいでした。大学二年生の秋から始めたアルバイトが海外のお客様が多く来てくださる寿司屋で、自然と英語を多く使わなければならない職場でした。やはりバイト仲間には帰国子女やもともと英語が得意な学生が多くいたため悔しい気持ちになり、留学して英語を勉強してもっと外国人のお客様に満足してもらえるようなおもてなしをしたいと思いました。それから三年生の春休みに入って急に留学を決意し、オーストラリアに行きました。その時は心配がなにより大きかったためかなりのたんん期間での留学でしたが、一週間があっという間に過ぎ去るくらいのスピードで一週間が終わり、学校でできた海外のお友達とも仲良くなった段階でお別れとなり、とても寂しく悲しい気持ちになりました。放課後の時間が数ないため、あまり観光もできず、絶対また来たいと思い二回目の留学を決意しました。二回目は夏休みの一ヶ月間を利用してでの留学で前回よりも長かったため場所は同じでしたがまた違った日々を過ごすことができました。前回友達になった外国人とも再会でき仲が深まりました。もちろん、楽しいことばかりではなく2週間が経過した頃くらいから英語がもっと話せればもっと外国人のみんなと仲良くできるのに・・・と悔しい気持ちになりました。ですがこれが前回よりも成長したことなのかと帰国した際気づき、二回の留学だけで終わらせずこれからも継続して何かの形で英語に関わっていきたいと思いました♪

②海外での感動体験を教えてください。
私はやはり寮生活が本当に楽しく、毎日快適に過ごすことができました。ブルーマウンテンの景色や様々な観光場所にも行きましたが、毎晩寮生とゲームをして遊んだり、日替わりで他国の料理を楽しんだりしました。やはり外国人と同じ屋根の下で暮らす経験はあまりないのでとても貴重な体験ができ本当に楽しかったです。

③留学前と比べて今の自分はいかがですか?(成長したことや克服できたことなど…)
留学に行くと学校では文法と英会話の両方が身につきます。日本にいるときは電子辞書を使うのは高校生まででしかも単語をちょっと調べるくらいでしたが、留学先では毎日電子辞書をどこにいるときでも持ち歩きすぐに単語を調べられるようにしていました。帰国した今も電子辞書をなるべく触って単語の復習や例文の暗記等したいと思います。また、外国人に話しかけれるのに抵抗がありましたが、留学先には英語を学びに来ている外国人が多くいるので抵抗なく文法もあまり気にせずフランクに話すことができるようになりました♪

④学校の授業や先生・雰囲気はいかがでしたか?
前回と同じ学校に通いましたが、校舎は綺麗でオシャレで、先生はとても優しく話も聞き取りやすいです。最初のテストで自分のレベルにあった授業を受けることができ、午前中の授業は比較的文法の勉強が多いですが午後の授業ではみんなでゲームをしたりするのでとても楽しく英語を学ぶことができます。また、日本で英語の授業をしていて回答を指名された際、間違えたら恥ずかしい・・・と思う日本人は多いかと思いましが、留学先の学校で指名されて間違えてもあまり恥ずかしさはなく、積極的に発言もしやすい雰囲気だと思います♪また無料で飲めるホット紅茶やディスカウントチケットの設置等もありがたいです。

⑤滞在先や学校以外の過ごし方はいかがでしたか。
寮生に日本からオーストラリアに留学して三ヶ月位経つ同い年の男の子がいたので、その子にオススメの美味しいレストランや観光場所や景色がきれいに見ることができる穴場スポット等も教えていただき人一倍オーストラリアを満喫できたと思います!!

⑦留学希望者へアドバイス
私が過ごしたオーストラリアでの生活は宝物です。私の家族は留学に行く直前までずっと反対してきたので留学費はもちろん二回とも自費です。その苦労もあるため本当に貴重な体験ができたと思っています。また、アドバイスとしては持ち物リスト等に書いているかもしれまでんが、変圧器やオーストラリア専用のプラグ、海外でも利用できるヘアドライヤー、緑茶、トイレットペーパー等です。また現在は物価が高いため、なるべく日本から食料や日用品等を持っていってもいいかと思います♪(寮生活の場合)

担当カウンセラーからのコメント

只今、担当カウンセラーからのコメントを準備中です。

資料請求気になる!役立つ!お得な!留学情報をお届けします

留学プラン作成希望条件にピッタリの留学プランを作成します