ワーキングホリデー(ワーホリ)語学留学[18-30歳]

ワーキングホリデー(ワーホリ)には英語が不可欠

ワーキングホリデーで現地で働く場合、英語が非常に重要です。英語が話せないと、仕事も見つからずに結局英語が不要な仕事に就き、英語力も伸びないまま帰国することになります。そこで、ワーキングホリデーをされる方のほとんどは、初めに語学学校に通い英会話を身に付けます。学校によっては実践的な英会話の練習があったり、会話に特化した英語を学べる学校がありるので、そういった学校を選択することになります。

ワーキングホリデー(ワーホリ)語学留学[18-30歳]

Point 1ワーキングホリデービザで就学が可能

ワーキングホリデーで人気のオーストラリアやカナダ、ニュージーランド、フランスには現地にそれぞれ語学学校があり、現地で英語の学習をしながら生活をすることが可能です。ワーキングホリデービザで学べる期間は国によって異なります。カナダ、ニュージーランド、アイルランドは6ヶ月、オーストラリアは4ヶ月、フランスは制限がありません。

Point 2語学学校で情報収集

コネクションを持つことで、卒業後の生活がより充実したものになります。語学学校で作った友達とルームシェアをしたり、仕事を紹介してもらったりと現地でできた同じ目的の友達は財産です。

Point 3現地サポートと就労サポート

語学学校でできる友達と同様、現地でプロのサポートを受けることも重要です。多くの現地留学エージェントが学校の申し込みに現地サポートが付帯しますので、現地での生活の相談などを行っている場合があります。また、レジュメの書き方や食の探し方、住まいの探し方などのアドバイスをしてくれるエージェントもいます。語学学校の場合も同じで、レジュメの書き方や面接の練習が可能な語学学校もあります。

Point 4セブ留学を活用する

ワーキングホリデーで1年間しっかりと働きたいという方はセブなどの費用が安くて会話に特化した都市へ留学してから2か国目へ留学される方が増えています。また、セブの語学学校には2か国留学を目的とした人達が集まるので、情報収集の場になります。セブの語学留学の特徴はマンツーマンクラスで英会話の授業を受けることがメインになります。セブ留学でワーキングホリデーに必要な英語力を身に付けることが可能です。

留学相談留学カウンセラーがお応えします!何でもご相談ください

ワーキングホリデーにおすすめの語学学校

資料請求気になる!役立つ!お得な!留学情報をお届けします

留学プラン作成希望条件にピッタリの留学プランを作成します