大学留学

国外の大学で学位取得を目指す大学留学

世界の大学から自分にあった大学を見つけ海外進学を実現。大学での勉強と語学学習の両立は、想像以上の成長をもたらします。

大学留学

Point 1キャリアの大きな転換点になる

留学生が海外の四年制大学で卒業を目指すことは、母国語で行われる自国の大学の卒業を目指すことよりも格段に難しいものになるでしょう。しかし、それを達成した際に得るものもまた非常に大きいものであることは当然です。

Point 2倍速以上で成長できる

専門用語が飛び交う大学の授業を母国語以外の言語で受けることは、想像以上に大変なことです。しかしそれに挑戦することで、専門知識と語学知識を同時に得ることができます。

Point 3明確な目標をもって過ごせる

一般的に海外の大学は、日本国内の大学よりも卒業の基準を満たすことが難しいと言われています。それだけに、留学生に限らず学生は懸命に学習を進めます。単位取得という明確な目標をもって過ごせることで実り多き留学になるでしょう。

Point 4進学の方法は多様に存在

入学の基準を満たすことが難しい四年生大学ですが、留学生が入学するための方法は多様に用意されています。中には、通常通り試験を受けて入学するよりも費用を抑えられる方法も。

留学相談留学カウンセラーがお応えします!何でもご相談ください

大学留学の費用(目安)

  学校の種類 コースの種類 滞在方法 期間 費用
アメリカ 公立大学 学部課程 ホームステイ3食付 4年 ¥11,000,000
~¥15,000,000
カナダ 公立大学 学部課程 寮食事なし 4年 ¥10,000,000
~¥14,000,000
アメリカ 私立大学 学部課程 ホームステイ2食付 4年 ¥12,000,000
~¥16,000,000
カナダ 私立大学 学部課程 寮食事なし 4年 ¥12,000,000
~¥16,000,000

大学留学の費用(お見積り例)

大学留学のコース

  コースの種類 概要
公立大学 学部課程 各国の公立大学への留学をすることは非常に貴重な経験と言えるでしょう。学士課程の講義を現地語で受けることで、専門的な知識と語学力の両方を向上させることができます。
私立大学 学部課程 私立大学へ留学することで、学業だけでなく、現地学生とのより密接な関係を構築することや卒業後の海外における進路をより明るくすることができるといわれています。

大学留学のパターン

語学学校から入学

語学学校から入学のフロー

長所:バランス良く語学力を高めた上で次のステップへ挑戦できる

語学学校で語学力を高めて、現地の様子や情報を十分に収集し、進学先を選ぶことができるのは大きな魅力です。語学学校と協定を結んでいる学校も数多く、貴重な情報を得ることができたり、進学までのサポートも学校のカウンセラーにしてもらえます。

短所:希望校への転校には期間が必要な場合も

語学学校へ通学する期間は人によってまちまちですが、希望する進学先の学校の語学力基準点が高い場合、長期間の通学が必要となることもあります。留学の期間を予め決めている人は学校のカウンセラーに進路相談をあらかじめお願いするとよいです。

短期大学から編入

短期大学から編入のフロー

長所:希望校へ入学しやすく学費を抑えられる

留学生だけでなく現地の学生も利用する方法で、短期大学で一般教養科目の履修期間にあたる2年間を修め、四年生大学に編入できます。こうすることで、入学試験が難しい学校にも入学しやすく、学費も抑えることができます。

短所:短期大学で十分な成績を収める必要がある

希望する編入先の学校に確実に編入するためには、短期大学での履修内容で良い成績(GPA)を修める必要があったり、編入の際に判断基準となる課外活動の様子などにも精力的に取り組む必要があります。

直接大学へ入学

直接大学へ入学のフロー

長所:転校等が無く環境が変わらない

直接、希望大学に入学できると途中で進学・編入などがなく、変わらない環境で在学期間を過ごすことができます。もちろん途中で編入試験等も受ける必要がないので安心ですが、海外の教育機関では修めた成績が就職に大きく影響したりするので油断は禁物です。

短所:十分な語学力・学力が必要

留学生が学部課程へ参加するには、授業を受けるのに十分な語学力の証明を求められる場合がほとんどです。各種言語テストの提出が条件となっている学校が多いので事前に語学力を高めておくことをおすすめします。また、希望校への入学に十分な学力を証明する必要となります。

資料請求気になる!役立つ!お得な!留学情報をお届けします

留学プラン作成希望条件にピッタリの留学プランを作成します