留学記事(カテゴリー):カナダ留学体験レポート

めぐみさんのドキドキはじめてのカナダ留学体験談!

皆さん、こんにちは。

前回で無事に留学の最終週を終えためぐみさんですが、その中でも最終日にフォーカスした体験談が届きました。

色々な思い出を作っためぐみさん、めぐみさんの『ドキドキ!はじめての留学 in Canada』の結末はいかに…★

【最後の日について】

(1) 学校

学校では、最後の日に修了証明書みたいなものをもらいましたが、最後の授業の際に名前を呼ばれて前に出て、もらいました。クラスの前で一言言って、先生から「日本に帰れて嬉しいでしょう?」と聞かれましたが、私は「全く嬉しくない。帰りたくない。」と言いました。
先生も生徒もみんな笑っていて、先生が「いい生徒ばかりすぐ帰って行く。Meg、必ず戻ってきて!」といってもらえて、とても嬉しかったです。
先生と写真も撮って、私は学校でも本当にいい環境に恵まれたなと感じました。

お友だちからの手紙

『最後の日に友達から貰った手紙です。家に帰って読んで泣いちゃいました。』

(2) ホームステイ

ホームステイ先では、最後の日におばあちゃんとホストファザーがいたのですが、お見送りしてもらいました。
同じ留学生で一緒にホームステイをしていた中国人の女の子が、朝「私たちの高校に遊びにおいでよ!」と言ってくれていたのですが、荷物のパッキングもギリギリまで終わっていなくて出発時間も早かったので行けなくて、『最後はさよならもいう間もなく帰るのか…』と思っていたのですが、ランチタイムにダッシュで家に帰ってきてくれて、お別れを言うことができました。
帰って来てくれて、私の部屋に来て「Meg~…」と悲しそうな顔をして言われたので、私はたまらず号泣してしまいました。
すると向こうも泣いて、もう訳が分からない状態になりました。笑
高校の友達も一緒に連れてきていたみたいなのですが、友達は訳が分からんよと言わんばかりの表情をしていて、少し笑っていました。笑
私達は、泣きながらずっとハグをしていたのですが、おばあちゃんとホストファザーが来て、2人を見たら、また思わず涙が止まらなくなってしまいました。
ホームステイ先のおばあちゃんとはとっても仲良くなったので、新しいホームステイ先に来て2週間という短い期間しかいませんでしたが、とても可愛がってくれていました。そのおばあちゃんも、最後には泣いてくれました。そしてホストファザーが「泣かないで!また戻って来ればいいじゃないか。泣かないで!」と言ってくれて、私はまたまた泣いてしまいました。笑
『さよなら』はとっても悲しかったですが、“また戻ってきて”と言われたので、私はまた絶対にここに戻らなきゃいけないと思いました。

【留学を終えた感想】

感想としては、とにかく日本語は通じないということですね。人にもよりますが、英会話教室みたいに日本語がある程度通じると思っている人も学校にいたりしました。でも留学先では英語しか通じません。
日本の学校での英語の勉強などでは、英語の説明を日本語中心で行ってくれるので実質英語を扱うのは数分だと思います。しかし、現地では英語の説明も英語ですし、ましてや日本語での説明などありません。ですので、絶対に日本語が通じないという事とその覚悟が大切だと改めて実感しました。
そして、1番感じたのは現地の語学学校での英語の勉強と日本の学校での英語の教科書の違いです。
日本の学校の教科書は、単語や話している内容は難しい事を言っているのにポイントとして習うのは文中に出てくるofの意味だったりと案外簡単だったりしますが、語学学校では出てくる例文や話の内容などはすごく簡単でも習おうとしている目的のポイントが難しかったりしました。
実際に日常生活を通して役に立つ英語やなるほどと思う英語ばかりで、やはり日本で学ぶ英語とは違うなと思いました。
あと、言葉や文法が完璧でも発音が日本語訛りだと通じないこともあると実感しました。
留学というと、学校に通ってそこで英語を取得するというイメージがあるかもしれませんが、私の場合は学校では英語の話し方や使い方を習い、それをホームステイ先や買い物の際にショップ店員などと話し、学校で習った英語を使うことによって初めて英語を学べたと言えるのではないかなと思いました。
実際私は、買い物の際に店員さんと話すことによってたくさん学べました。そして、買い物は、絶対日本人の友達と行かないようにしていました!

いろいろ含めて良い経験になり、私は留学をするという自分の夢が大きかったこともあり、ホームシックにかからず、良い経験ばかりを得ることができたので、『とにかくまた行きたい!』というのが最終的な感想です。

【留学での1番の思い出】

やはり、中国人のルームメイトがいろんなとこに、連れて行ってくれたことです。1番は遊園地に行ったことです!
カナダではハロウィンを盛大にやるので、遊園地などもハロウィン仕ようになっていてお化け屋敷は特に日本と比べ物にならないくらい怖かったです。笑
ゾンビの格好をした人たち(遊園地の人たち)がたくさん話しかけてきたり、急に追いかけてきたりと北米ならではの雰囲気も体感できました。

★戻ろうと思える場所ができた、というより、戻ろうと思える場所を作ってくれたみんなに感謝です。★

中華料理のお店

『中国人の友達に連れていってもらった中華料理の店です。』

改めておかえりなさい。
辛いことも楽しいことも、今回の留学がめぐみさんの新たな一歩に繋がっていれば、弊社一同非常に嬉しいです。何より、逆ホームシックになっていただけるくらいの思い出を作ったのは、めぐみさん自身です。めぐみさんの思いや頑張りが今回の留学を良い思い出にできたので、めぐみさんが築いてきた留学生活はきっとこれからの糧になるのではないでしょうか。

戻ろうと思える場所ができたことも胸に、次の新たなステップや目標に向けて、前向きに笑顔で頑張っていってください!

めぐみさんのドキドキはじめてのカナダ留学体験談!

皆さん、こんにちは。

いよいよ、めぐみさんの4週間に渡る留学が終わりました。おかえりなさい!

今回は、めぐみさんの留学の振り返りをする前に、第4週目についてです。

さて、最終週はどうだったでしょう…!?

(1) 授業や先生

最後の週だったので、友達とご飯に食べに行く機会が多かった週でした。
注文などが得意だった(と思う…!)私は、ある日友達から「Meg, help me…」と言われました。
お店で友達から「I want 2 number 5 set.【ナンバー5のセット2つ欲しい。】」と言われ、その言い方が分からなかったようで、友達の分まで私が注文したりしました。笑
学校からお店までが近かったので、持ち帰りをしてみんなで食べたり交換しあったりしていました。
基本的に、カナダで私が通っていた学校や他の友達が通っている学校では、授業中も水分補給をして良いようで、サイズが大きいので飲みきれなかったジュースを授業中に飲んだりしていました。笑

(2) ホームステイ先での生活

ホームステイ先は、毎週日曜日に教会に行く家庭だったのですが必ず私に「来たい?おいで!」と言ってくれて、毎回付いて行っていました。
たまにボランティアにも参加をしていて、留学中に何かしらの形でボランティアをしてみたかった私は、自分の目的もまた1つ達成することができて、とても嬉しかったです。
老人ホームのような施設に、歌を歌いに行って、おばあちゃん達と一緒に歌ったりしました。また、本をめくるのを手伝ってあげたりしたりと簡単な事しかしていませんが、それでも私にとっては非常に貴重な体験でした。

(3) 休日の過ごし方

ホームステイ先がほぼ毎週出かけていたので、一緒に付いて行っていました。
毎回モールに行ってショッピングしたり遊んだりなどではなかったのですが、ただスーパーに行くだけにしても私は付いていくのが好きだし、なによりも誘ってくれたり一緒にどこかへお出かけする事がとても嬉しかったので、毎回ホストファミリーが「来る?」といった時は、必ず付いて行っていました。
ですが、毎回私が付いて行くので、家族の邪魔になってないか心配で、ホストマザーに『家族の時間もあると思うけど、私は邪魔になってないかな…?」と恐る恐る聞いてみたところ、ホストマザーは笑いながら、「なってないよ!むしろありがたい!」と言っていました。
ホームステイ先の子供ですが、下の子が小さい女の子なので私がいると話し相手になってホストファミリーが楽になるとも言っていました。
「あなたにとっても、子供と喋ると英語の上達にもなるし、子供にとっても遊び相手になる。そういった事って、みんなにとってとても良い事だから、あなたがよければ私達がどこか行く時に付いて来るかを聞いた時は来て欲しい。」と言ってくれたりして、とても楽しい休日を毎回過ごすことができました。

スターバックス

『カナダで最後のスタバです!
学校の近くのスタバでいつも行っていたので店員さんと仲良くなりました♪』

パンプキン1

パンプキン2

『パンプキン畑にお買い物に行った時の写真です。日本と違い本当に盛大にやるので迫力にびっくりしました!!私もハロウィンまでいたかった…』

皆さん、こんにちは*^^*

さて、めぐみさんのカナダ留学3週目です。

いよいよ残すところ、めぐみさんのカナダ留学も1週間となりました。
先週は、ホームステイの変更もありましたが、その後新しい環境での留学生活はどうでしょうか?

(1) 授業や先生

とうとう最後の週となりましたが、だいぶ先生の言っていることが分かるようになってきました。と言うより、分かるようになりました!
最初の頃と比べると、自分自身かなり理解できるようになったと思います。
クラスの殆どがティーン世代なのでクラス全員が皆仲良く、時間が経つにつれてどんどん仲良くなっていくという感じです。

先日新しくできたメキシコ人の友達と授業中に大笑いして恥ずかしい思いをしたりもしました。笑

1年前の自分だったら、留学して、こうして違う国の色々な友達が出来て、笑い合っているなんて想像もしてなかっただろうな〜、なんて思ったりもしました。
今週で終わりなのですが、「帰りたくない!」とずっと思っています(;_;)

放課後のダウンタウンバンクーバー1

放課後のダウンタウンバンクーバー2

「日本人の友達と行ってきたバンクーバー!!都会は街並みがとてもにぎやかでした!」

(2) ホームステイ先での生活

ホストファミリーが優しく、暇があったら私の話し相手をしてくれます。
帰る日がもうすぐに近付いていくにつれて、段々とホストファミリーとも打ち解けてきて、学校にいても家にいても「帰りたくないなぁ」と思う日々です…。

ホームステイ先には、私の他に中国人留学生の女の子がいるのですが、その子とは偶然同い年でとっても仲良くなり、今では深夜に一緒に映画を見たりする“親友”です。
やっと自分の中で親友と思える友達ができたのに、帰らないといけないと思うとなんだかまた悲しくなってきます(;_;)

私はカナダに留学に来てから、ホームシックにかかることは無かったので、新しくホームステイ先に変わってからも、まるで自分の家かのように、とても居心地の良い環境に恵まれていると感じ、そう考えるとまた「帰らなければいけない」と思ってしまい、既に逆ホームシックに陥ってしまっていて悲しいです。

(3) 休日の過ごし方

仲良くなった中国人留学生の女の子がとっても優しい子で、中国人の友達を紹介してくれました。また、彼女は現地の高校に通っているので、現地の高校の友達も紹介してくれて、学校外でも友達を作る機会を彼女のおかげでできました。そういったこともあって、休日も楽しく過ごせています!

その中国人留学生の女の子が「PNEという遊園地に友達と一緒に来ない?」と言って誘ってくれました。留学してきたばかりの子を友達との予定に誘ったりしたら、きっと大変で面倒臭かったりすると感じるのではないかなと少し不安に思っていたりしていましたが、彼女はいつも誘ってくれました。

日本ではあまり感じない気持ちだったのですが、このように言葉や文化の壁を越えて経験できることは、語学力を身につける以外の大事なことだと思いました。
友達も嫌な顔1つせず、コミュニケーションをとってくれたり、私とローラーコースターに乗ってくれたりと、遊園地でも満喫できました。

休日はその子のお陰で何不自由なく楽しく過ごせています!

ハロウィン写真1

ハロウィン写真2

ハロウィン写真3

「ハロウィンシーズンでPNEではイベントをやっていて、コスチュームを着た人がたくさんいました!」

留学生のお友だち写真

「同じホームステイ先の留学生と、そのお友達です!!!みんなで何枚も写真撮りました!」

※PNEとは、、、

イベントやショー、そして期間限定で遊園地を開催しているようなところです。
今回めぐみさんが行ったのは、ハロウィン向けの遊園地イベントになります★
アトラクションは勿論、お化け屋敷も用意されたり、開園するのが夜になったりと、
雰囲気も迫力もハロウィン感満載で抜群です。

PNE公式サイトはこちら